毛抜きでムダ毛処理したらワキ汗が増えた!!

 

ワキの毛を自己処理で毛抜きを使って処理していた、また、エステサロンのような脱毛サロンを利用して脱毛を行ったという女性はとても多いと思います。
ワキのムダ毛は女性にとっては大敵ですものね。

 

確かに、自己処理で毛抜きを使ってムダ毛を処理することで、毛穴が広がってしまい、そこから汗が出やすくなってしまいます。
また、毛穴が盛り上がってしまうこともあり、あまり良い方法とは言えません。

 

それに、毛抜きでムダ毛を抜くことで毛根を傷つけてしまい、余計にニオイを発してしまう原因となってしまいます。
他にも、毛穴じたいが炎症を起こしてしまい、赤くなることもあります。

 

その炎症を特に気にも留めずに放置することで、そこから雑菌が入って化膿してしまうこともあります。
これは後に黒ずみの原因となってしまいます。

 

脱毛するとワキ汗は増えるの!?

毛抜きでの処理や、脱毛によってワキ汗が増えるという訳ではありません。
でも、多くの女性はワキ汗が増えたと感じているのです。それはなぜでしょうか?

 

実は、今まで、ムダ毛によって汗が吸収されていて、その毛がなくなることでダイレクトに汗となって流れ出てしまうことでワキ汗が増えたと感じるだけなのです。
女性は、ワキのムダ毛は処理しているという方が多いですが、カミソリで剃ったり毛抜きで抜いたりするのとは違いがあります。

 

カミソリでムダ毛を剃る場合は、皮膚の中に毛が残っているので、それで汗を吸い取る役目を果たしてくれます。
でも毛抜きで抜いたり脱毛したりすると、毛根からムダ毛を抜いてしまうので、汗の吸収してくれるところがなくなってしまいます。

 

そのため、カミソリでムダ毛処理をするより、毛抜きでムダ毛を抜いたり、脱毛したりすると、たくさん汗をかいたという感覚になるのです。
また、アポクリン汗腺は毛穴と繋がっているため、刺激を与えることで発汗を促進させてしまうとも言われています。

 

毛抜きを使った正しい毛の抜き方

・毛抜きを選ぶこと
毛をしっかりとキャッチして、抜く時に力が入りやすいものを選ぶことが大切です。

 

・毛穴を開いてから毛を抜く
これは、蒸しタオルを利用する他、入浴後に行うのも効果的です。
毛穴が開くことでムダ毛をスムーズに引き抜くことができます。

 

・毛の流れに沿って抜くようにする
毛の流れに沿って抜くことで、毛穴を開きすぎずにムダ毛を処理することができます。
あまりにも流れに逆らった抜き方をしてしまうことで、毛穴を大きく開いてしまい、余計にワキ汗が出やすくなってしまうと言われています。

 

・濡らしたタオルでクールダウン
毛を抜き終えた後は、冷たいタオルでワキを冷やして毛穴を引き締めるようにしましょう。
毛穴を引き締めておけば、ワキ汗を最小限に抑えることができ、菌や汚れも入りにくくなり、ニオイを防ぐことができます。

関連ページ

更年期障害と脇汗について
更年期障害で脇汗はひどくなる?について詳しく解説しています。