ワキが臭うのはアポクリン汗腺が活発になっているから

 

ワキからニオイがする原因は「ワキガ」です。しかも、人間はワキだけではなく、身体のあちこちから汗をかきます。でも、ワキ以外のところからあの嫌なニオイってしないんですよね。どうして同じ汗なのに、ワキとワキ以外のところでは、こんなにもニオイが違うのでしょう?

 

それにはやはり「汗腺」が関係していると言われています。人間の身体には、汗を出すための汗腺が2種類あります。それは、エクリン汗腺とアポクリン汗腺です。エクリン汗腺から出る汗は、ニオイのない、透明でサラサラとしている汗です。サラサラとした汗なので、汗をかいてもすぐに乾くとともに、悪臭を放つことはありません。

 

この汗は菌が繁殖しにくくなっています。でも、アポクリン汗腺から出る汗は、ベタベタとした汗で、その汗の中には脂肪やたんぱく質などが含まれています。この汗は、ベタベタとしていることが特徴で、乾きが悪い上に菌が繁殖しやすくニオイの原因を作り出してしまいます。

 

脂肪やたんぱく質を含むことで余計に菌が繁殖してしまうことになります。この菌が繁殖する時に独特のニオイを発してしまうのです。ワキガの人は生まれつきアポクリン汗腺が多くて汗腺じたいも大きい為、この汗腺からの汗がたくさん出てしまい、ニオイの原因を作ってしまうのです。

 

エクリン汗腺からの汗はニオイはないの?

エクリン汗腺からの汗でも、全くニオイがないという訳ではありません。
長時間に渡って放置したり、身体が疲れている時などは悪臭を放つこともあります。どれだけサラサラとした汗でも、たくさん汗をかいたまま長時間経過してしまうと、やはり少なからずと菌は繁殖してしまい、ニオイが出てしまいます。

 

また、疲れている時などは、エクリン汗腺から塩分やミネラル、乳酸が汗に交ることでベタベタした汗になることもあるのです。ただし、不思議とエクリン汗腺からのベタベタした汗が出る時のニオイは、アポクリン汗腺と違って「雑巾のようなニオイ」「酸っぱいニオイ」といった雑菌臭であることが多いです。

 

ワキガじゃないのにどうしてワキのニオイだけ気になっちゃうんだろう?

汗腺じたいは全身にあります。でも、ニオイのもとになるアポクリン汗腺からの汗が出るワキが、ジメジメしやすい部位なので、より菌が繁殖しやすいです。その為、ワキからの汗だけ過敏にニオイが気になる状態になってしまうのです。

 

また、菌が繁殖しやすいと言われているのは、体温が36℃前後です。ワキは体温を測る時に体温計を挟む部位ですが、大抵の人の平熱は36℃台であることが多いですよね。だからこそ菌が元気に繁殖するのにもってこいの部位となってしまうのです。そして悪臭となるワキガのニオイを発してしまうという訳です。

 

ワキ汗のニオイはどうやって防ぐことができるの!?

ワキ汗のニオイが気になり始めたら、香りのついた石鹸やボディソープを使用して、キレイに洗い流すことが思い浮かびますよね。でも、今、よく市販されている「弱酸性」と言われるものを使用する方が、逆に汚れも落ちてニオイの帽子になるとも言われています。お値段も少し気持ち高めに設定されていますが、ワキガのニオイ対策としては安いお値段ではないでしょうか。

 

また、洗い方にも注意が必要です。ナイロンたわしなどでゴシゴシと強く洗ってはいけません。泡を作って優しく洗うようにしてください。そして、普段から水分をたくさん摂取することで、たくさんの汗をかくことも大切です。
代謝をよくしておかなければ、汗腺の働きも悪くなってしまうので、日頃から水分量には気を付けるようにしましょう。

 

そして、汗のニオイを最小限に抑えるには、菌が繁殖してしまう前に、汗をかいたならこまめに汗を拭くことでニオイを防ぐことができます。ワキ汗シートなども市販されている為、そのようなグッズを活用することもオススメします。

関連ページ

老廃物って何?!
脇汗が臭いのは、「老廃物」のせい?老廃物って何?!について詳しく解説しています。