ワキガになるのはなぜでしょうか?

人間には大きく2つの汗腺が働いています。
ひとつはエクリン腺、もうひとつはアポクリン腺です。ワキガの原因は、後者のアポクリン腺から出る汗によってニオイのもとになってしまうのです。そして、菌が繁殖することでワキガが起こります。そもそもアポクリン汗腺の数については、実は遺伝的によるものだと言われています。その為、すでにその体質を持って生まれたことで、ワキガが発生してしまうと言えます。

 

生まれ持ってワキガ体質なのは分かるけど、突然ワキガになる人もいる?

通常、成長するに連れ、思春期頃が一番汗腺のが発達し、男の子であればこの時期からワキガのニオイがし始めることがあります。思春期頃からニオイ始めることは分かっていても、でも、どうして大人になってからワキガになったり、何かの拍子に突然ワキガになってしまう人がいるのでしょう?
不思議ですよね。それは、もとからワキガ体質だったけれど、ニオイを発することのないワキガ体質であっただけなのです。アポクリン汗腺が他の人より大きかったり、数が多いという人でも、不思議とニオイを発することがなかった為に自分自身がワキガ体質ということに気付かずに普段通りの生活をしていると言う人が大勢いるのです。でも、何かの原因があって、急にワキガのニオイを発することになってしまった大人の方は実はこのように潜在していると言えます。

 

大人になってから突然ワキガになるのは何が原因!?

全く気付かずに生活している中で、急にワキガのニオイを発してしまう原因には、次のようなことが考えられます。
・食生活
日常生活の中で、動物性たんぱく質を多く含む肉や乳製品をよく口にするという人は、後にニオイを発する原因とないます。食べてはいけないということではありません。過剰に摂取しすぎることで皮脂の分泌量が増え、アポクリン汗腺が活発になってしまうことで汗が多くなりニオイを発してしまうのです。

 

・お酒とたばこ
お酒やたばこに含まれる成分が、汗腺を活発化させることでアポクリン汗腺が異常に働いてしまうことがあります。

 

・エステサロンでの脱毛
「え?どうして?」と思われがちなエステサロンの脱毛も、実はムダ毛を処理したことで汗をかきやすくなるという方がほとんどです。これもアポクリン汗腺を活発に働かせてしまう要因となり、ワキガのニオイの原因となってしまいます。ムダ毛処理を優先し、結果、ワキガを発症してしまったという方は多く存在します。

 

毛抜きによる自己処理

自宅で簡単にできるからと言って、むやみに毛抜きを使用して自己処理を続けてしまうことで、汗腺に強い刺激を与えてしまいます。すると、毛穴近くにあるアポクリン汗腺が刺激され、ワキガのニオイが発生してしまうという方がいます。

 

まとめ

「ワキガ」とは、生まれた時からその体質かどうかが決まります。その為、成長過程の途中で通常突然ワキガになるということはあり得ません。でも、ワキガ体質の人でも、不思議とそのニオイを発することなく生活していた人が、急にニオイを発してしまうような場合は、上記のようにアポクリン汗腺を刺激する何かを引き金にしていることが原因です。
自分がワキガ体質であることは誰も分かりません。もし、自分がワキガ体質であったのならば、今後、ニオイを抑えることは可能なため、引き起こされるかもしれない要因は避けて通るようにしましょうね。